archive: 2012年05月  1/3

とかくに人の世は住みにくい…

No image

『 山路を登りながら、こう考えた。智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい…』あまりにも有名な書き出しで始まる夏目漱石の小説「草枕」…。読売新聞よみほっと日曜版「名言巡礼」に載っていた誰もが知る冒頭の一文。実は担当記者同様に、私も?十年前、頭だけ読んで途中、投げ出していた。記者は今回、改めて手に取り、大変面白く読み進める事ができたとある。そして、人間の...

  •  0
  •  0