FC2ブログ

蜜柑

「蜜柑🍊」 芥川龍之介


小娘と蜜柑、

「・・・私はこの時始めて、云いようのない疲労と倦怠とを
さうして又 不可解な、下等な人生を
僅に忘れる事が出来たのである。」




梶井基次郎 「檸檬🍋」

えたいの知れない不吉な魂が 私の心を
始終 圧えつけていた。
焦燥と言おうか、嫌悪と言おうか..........

・・・・

文具書店丸善の書棚の前の
積み上げた洋書の上に
鮮やかな檸檬の爆弾?を置き、
すたすたと 出て行く






過去の記憶、想い出、

学生時代
画材やのチュウブに入った絵の具

島の
古びた木造校舎


ギラギラ照りつける太陽と
海遊びする子供達の日焼けした肌


北風吹き荒れる海
白波が通る灰色



交錯する景色





様々な色、色、色


それぞれの時代の心模様を映して
いたのだろうか?




深まる 秋 🍂🍃🍁




0 Comments

Leave a comment