FC2ブログ

ウグルのお盆・・・

8月14日(ちょっと前になってしまいましたが・・・。)
鵜来島でお盆行事が行われました。
島の伝統文化として、過去にはもっと盛大にお盆行事が行われていましたが・・・
島民の減少と共にやむなく中断されてしまい、残念な思いをしている関係者も多かったと思います。

それが、昨年より、「島を守る会」や区長、関係者の努力により、復活!
今年も、ささやかに?執り行われました。
昼はカラオケ大会も開催され、参加者全員が自慢ののどを披露、行事を盛り上げた様子。

夕方6時半以降、古くからのお盆の慣習を知っている島民(かつみおばあちゃんやよしかおばちゃんなど)
中心に施餓鬼とよばれる・・・伝来の唄を広場の真ん中で唄いながら、
皆がゆっくりと周囲を、独特のリズムに乗り、回っていきます。

mini_120814_1927.jpg

中央で陣取っているのは、島の慣習やしきたりに通じた島民。
私達の頼もしい大先輩、何かにつけて教えを請い、助けてもらい、
たくましく島で生きてきた心優しき人々・・・。
(それぞれモダンで元気印なお二人、常日頃何かと励ましてくれます。)
その喉から搾り出すように唄う声に乗って、私達も周囲をゆったりと回りました。
島ののんびりとした時間が流れていきます。

mini_120814_19360002.jpg


途中、恒例の盆踊りなどもはさみながら、長時間ぐるぐるまわっていると
青年団?(島では若い部類?)の一員が
それぞれの肩に新しいタオルをかけてくれます。
タオルが何枚も肩にかかっている人は、最初から長い時間回っている人。

さすがに平日だった為、参加者の数は少なかったのですが、
継続する事がきっと大切な事なのかもしれません。
ひとつの行事やイベントをこの島で行う事の苦労は、並大抵の事ではないし、
守る会と関係者の努力にひたすら敬服。

お盆・・・
この年、亡くなられた方を偲び、
島で生まれ、生きてきた人々と、少しでも縁ある人々、
廃校の前の広場で、静かに夜は更けていきました。

0 Comments

Leave a comment