FC2ブログ

家本姉妹 ウグル巣日記

高知県鵜来島「家本渡船」、家本姉妹の日記です。

姫の後ろ姿編?

ちょっとお疲れモード?














どんな花より美しい・・・

姫👸



今日の🐗

今日も又、同じ場所で(・・;)




妙におとなしいイノシシ🐗
餌を貰えるので、
山から降りてくるのかも?





まるで 熊🐻?いや、子グマ?




四国電力様 m(._.)m

今日は、四国電力さんが

島の電線工事の為に大挙して?

渡船二隻チャーターしての 来島!🙇‍♀️

その為

朝9時から午後2時まで、停電でした😓・・・


チョット長いけど



まとめて?工事しなければ
何度も島に渡らなければならないので

1日で 出来るだけの工事を
終わらせる必要があるとか?


なるほど、納得!





それにしても

四国電力さん(四電工さん?)
には頭が下がりますね~


小さな島とは言え、

人が住む以上、当たり前に
電気は必要、


日本各地、山奥でも離島でも
こうして
電柱の上まで登って工事を行う👷‍♂️👷‍♀️
電力会社の人達には

ホント 頭が下がります!




命がけ?といってもいいほど

相当危険な作業です。


改めて


感謝の思いを強くした次第。



港から見上げると

斜面に家が建つウグル島の集落は
石段を登り降りしての移動が殆ど。


さて、

我が家本旅館から港を見下ろすと


それぞれの作業に従事する
電力会社の人達の姿が

良く 見えます。

その
懸命に工事している姿には

感動すら覚えます。


どうかこれからも

この島に住み、又、営業していく私達の

未来を映す灯りとなって

安定的な電力供給を

お願いしたいものと

改めて


感じました m(_ _)m




ところで

島では

停電が多いのは、仕方ないのかな?


いやいや、脱線した?🙇‍♀️



ともかくも

島のライフラインが維持されている背景には

彼らの力が欠かせない!


今日一日



本当に


ありがとうございました!












今日はまた、蒸し暑かったな~


汗だくだった💦に

違いありません。









出た‼️(>人<;)

島に増える猪🐗 (>人<;)


ついに、廃校のそばにまで
降りて来ました!





先日、家本旅館の窓から廃校を見下ろすと

かなりデカいイノシシ🐗の姿が‼️

その時の驚きときたら(ノ_<)



イノシシは全く人に動じない、慣れている?

今日は、夕方納竿後のお客様をお迎えする為

港に降りて、

帰る途中、何気に目をやると

島のおばちゃん達のすぐ脇で

黒い影が何か食べている様な???





もはや

ネコ🐈だけではない?

猪とも共生するウグル島!




実はこのさつま揚げ?
冷凍したものなのでカチカチ?だったらしく
(おばちゃんも お人が悪い?😅)

ネコはそれでもシャカリキになって
何としても食べたい!

でも 堅い‼️

でもいい匂い、

何とかして食べたい‼️

狂ったように?方向変えながら

食べようとしてましたε-(´∀`; )


小さな島の 山の中⛰で

生き延びて、増殖?していた猪🐗、

餌を求めて、港の集落にどんどん出没する、


時々

ハンターの方がボランティア?で
来てくれて

猪を捕獲してくれるのですが、

とても追い付かない、

その内、
人の数より増えてしまうのではないかと


恐れるのは

私達だけ???



どうすりゃいいのさ・・・・


この島の


行く末は・・・














城西館にて(うぐる巣日記番外編)

🎉11日の夜、

🎊高知市の城西館に於いて🍾

かの高名な海洋堂宮脇修氏の

卒寿のお祝いパーティーが行われました!






県内のみならず、各国からも
様々なジャンルの方々が
多数お祝いに駆けつけ🥂💐

とにかく盛大に、パーティーは進行し・・・






90歳とは思えない
驚異的な若々しさに溢れた
宮脇館長への賛辞は尽きず、

各テーブルでは それぞれ賑やかに
談笑する姿が満ち溢れている、

素晴らしいパーティーでした🎉🎉🎉




私のテーブルには

F秘書から紹介された高知大教授、助教授、
以前からお話したかったお二人は
言うまでもなく願ってもないキャスティング?

だったのですが、
更なるサプライズ!



なんと!なんと!なんと.!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


右隣りには、漫画家の村岡マサヒロ氏が‼️
その隣りには、高知新聞社のT氏も‼️




テーブルをこういう顔触れでセットして頂いた
気配りに、ひたすら感謝、感謝、感謝‼️
うぐる島の話も出来て
想定外?の盛り上がり⁉️

疲労感漂う我が身の有り様に

複雑な気持ちも持ちつつ、
その日の内に
宿毛まで帰らなければならず・・・



それにしても

城西館の最も広いであろう会場は
人、人、人で溢れ、
とても華やかに
賑やかに、

セレモニーは滞りなく進んでいくのでした。










いや~


まるで

別世界にいる様な浮遊感?を


海洋堂ホビー館にて

体感している様な気分に


満たされました。



宮脇館長、

どうぞ いつまでもお元気で

規格外、想定外の

ご活躍のご様子を


私達に